« 名言集1307 | トップページ | 名言集1309 »

名言集1308

他人や自然との原初的な一体性からぬけでるという意味で、
人間が自由となればなるほど、人間に残された道は、
愛や生産的な仕事の自発性のなかで外界と結ばれるか、
  

でなければ、自由や個人的自我の統一性を
破壊するような絆によって一種の安定感を求めるか、
  

どちらかだということである。
  

(エーリッヒ・フロム「自由からの逃走」) 

|

« 名言集1307 | トップページ | 名言集1309 »

コメント

人間性の追求の
事業に参加して

自分の霊性を高める
孤独を恐れない
人々との精神的な
結びつきの中に生きるか

欲と損得勘定
優劣や偏見の世界で

生きながらに
死んでいるか

我々には少なくとも
その選択の自由が
与えられています。

               

投稿: しっ | 2016年2月19日 (金) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名言集1308:

« 名言集1307 | トップページ | 名言集1309 »