« 名言集1288 | トップページ | 名言集1290 »

名言集1289

今は、あるがままの自分でありたいと思った。
そう思えるのは、何よりすばらしいことだった。
  

あらゆるあり方から一つを選ぶことができたとしても、
バスチアンは、もうほかのものになりたいとは
思わなかっただろう。
  

今こそ、バスチアンにはわかった。
世の中には悦びの形は何千何万とあるけれども、
それはみな、結局のところたった一つ、
愛することができるという悦びなのだと。
  

愛することと悦び、
この二つは一つ、同じものなのだ。
  

(ミヒャエル・エンデ「はてしない物語」) 

|

« 名言集1288 | トップページ | 名言集1290 »

コメント

愛は森羅万象
全ての有機生命体と
繋がる道です。

真の生き方に
目覚めた時

他に代えることのできない
喜びも齎されます。

              

投稿: しっ | 2016年1月 6日 (水) 07時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名言集1289:

« 名言集1288 | トップページ | 名言集1290 »