« 名言集1213 | トップページ | 名言集1215 »

名言集1214

真の夫婦というものは、
お互いに相手の不完全なこと、
否、欠点さえもよく知り合っていながら、
しかもそれを指摘したり、
矯正しようとしたりしないで、
ただ黙って背負っていくしかないわけです。
  

否、そればかりか、
互いの不完全なことをいたわり合って、
この波瀾に満ちた人生の大海を、
互いに手を取り合って渡っていくところに、
この現実界における
夫婦の相があるといってもよいでしょう。
  

(森信三「夫婦というもの」) 

|

« 名言集1213 | トップページ | 名言集1215 »

コメント

夫婦の交わり
親子の交わり
そうした家庭の中で

また家庭を背負って
社会で働くことの中で

自分というものが
理解できてくるものです。

           

投稿: しっ | 2015年7月15日 (水) 06時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名言集1214:

« 名言集1213 | トップページ | 名言集1215 »