« 名言集1195 | トップページ | 名言集1197 »

名言集1196

心を明鏡止水の如く
磨き澄ましておきさえすれば、
いつ、いかなる事変が襲うてきても、
それに処する方法は自然と胸に浮かんでくる。
  

俺は昔からこの流儀でもって、
種々の難局を切り抜けてきたのだ。
  

(勝海舟「氷川清話」) 

|

« 名言集1195 | トップページ | 名言集1197 »

コメント

常識や世間体
損得勘定に
流されて判断するのではなく

学問し磨いた心で
素直に純粋に考えてみる

そこに進むべき道が
啓かれてくるのです。

学問とは
他者の真剣と
自己の真剣と

向き合うことです。


             

    

投稿: しっ | 2015年6月 3日 (水) 06時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名言集1196:

« 名言集1195 | トップページ | 名言集1197 »