« 名言集1080 | トップページ | 名言集1082 »

名言集1081

人は生まれて後の境遇や周囲から、
または生まれる前の、つまり遺伝から、
自分に染着するものの幾分かを、
自分から洗い落し、それから逃れて、
あるところまで立ち還らないと、
ほんとうではないようである。
  

(川端康成「少年」) 

|

« 名言集1080 | トップページ | 名言集1082 »

コメント

良い意味でも
悪い意味でも

自分が受動的に受けた
境遇や装飾
常識観や固定観念

そういったものを
一旦取り払って

素に戻って
自分の生命の
存在の再構築をする

そうしたことが
生まれて生きる上で

大切なのだと想います。


投稿: しっ | 2014年9月 8日 (月) 06時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名言集1081:

« 名言集1080 | トップページ | 名言集1082 »