« 名言集30 | トップページ | プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神-マックス・ウェーバー »

資本論-カール・マルクス

作成中

<目次>

■第1部:資本の生産過程
◇第1篇:商品と貨幣
第1章:商品
第2章:交換過程
第3章:貨幣または商品流通
◇第2篇:貨幣の資本への転化
第4章:貨幣の資本への転化
◇第3篇:絶対的剰余価値の生産
第5章:労働過程と価値増殖過程
第6章:不変資本と可変資本
第7章:剰余価値率
第8章:労働日
第9章:剰余価値の率と総量
◇第4篇:相対的剰余価値の生産
第10章:相対的剰余価値の概念
第11章:協業
第12章:分業とマニュファクチュア
第13章:機械と大工業
◇第5篇:絶対的および相対的剰余価値の生産
第14章:絶対的および相対的剰余価値
第15章:労働力の価格と剰余価値との大きさの変動
第16章:剰余価値率を表わす種々の定式
◇第6篇:労 賃
第17章:労働力の価値または価格の労賃への転化
第18章:時間賃銀
第19章:出来高賃銀
第20章:労賃の国民的相違
◇第7篇:資本の蓄積過程
第21章:単純再生産
第22章:剰余価値の資本への転化
第23章:資本主義的蓄積の一般的法則
第24章:いわゆる本源的蓄積
第25章:近代的植民理論

■第2部:資本の流通過程
◇第1篇:資本の諸変態とそれらの循環
第1章:貨幣資本の循環
第2章:生産資本の循環
第3章:商品資本の循環
第4章:循環過程の三つの図式
第5章:通流時間
第6章:流通費
◇第2篇:資本の回転
第7章:回転時間と回転数
第8章:固定資本と流動資本
第9章:前貸資本の総回転。回転循環
第10章:固定資本と流動資本とにかんする諸学説。重農主義者とアダム・スミス
第11章:固定資本と流動資本とにかんする諸学説。リカードウ
第12章:労働期間
第13章:生産時間
第14章:通流時間
第15章:資本前貸の大きさにおよぼす回転時間の影響
第16章:可変資本の回転
第17章:剰余価値の流通
◇第3篇:社会的総資本の再生産と流通
第18章:緒論
第19章:対象についての従来の諸叙述
第20章:単純再生産
第21章:蓄積と拡大再生産

|

« 名言集30 | トップページ | プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神-マックス・ウェーバー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 資本論-カール・マルクス:

« 名言集30 | トップページ | プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神-マックス・ウェーバー »