名言集2344

近来痛切に
自然の理法というものを感じる。
  
生々流転の相を観じる。
  

(種田山頭火)

| | コメント (1)

名言集2343

幸いなるかな、
天の流転に従いて
静かに流転する人々。
  

(ミシェル・ド・モンテーニュ)

| | コメント (1)

名言集2342

おそらく造り主の知恵であろう。
ほむべき造り主はそのなかにかえって
深い愛を蔵していられるかもしれない。
  

(倉田百三「愛と認識との出発」)

| | コメント (1)

名言集2341

慈悲は萬の根元、
  
慈悲より出でたる正直が
誠の正直にして、
  
慈悲より出でたる智恵が
真の智恵というものなり。
  

(徳川家康)

| | コメント (1)

名言集2340

現代はみな不本意に生きて、
不本意に死んで行ってるように思われる。
  

(井上靖『わが一期一会』)

| | コメント (1)

名言集2339

人間はただひとつの次元、
すなわち社会的次元に
還元されてしまった。
  
技術社会は人間を知らない。
社会は市民という抽象的な形でしか
人間を認識しない。
  

(ゲオルグ・ゲオルギウ)

| | コメント (1)

名言集2338

今日本の有様を見るに、
文明の形は進むに似たれども、
文明の精紳たる人民の気力は
日に退歩に赴けリ。
  

(福沢諭吉「学問のすゝめ」)

| | コメント (1)

名言集2337

今日のごとく功利的思想の
さかんなる時代においては、
人となりは一人前ならなくとも、
仕事の効果さえ挙ぐるを得ば
人として生まれ来た甲斐ありと信じ、
仕事に重きを置いて
人となりを顧みぬであろう
  

(新渡戸稲造『自警録』)

| | コメント (1)

名言集2336

いまの時代では、
まさに善なるものは、
かなしい。
  

(寺山修司「ポケットに名言を」)

| | コメント (1)

名言集2335

進歩というものは、
我々をいそがしくしただけで、
幸福にしたとは言われないのではないか。
  

(伊藤整「愚者の楽園」)

| | コメント (1)

より以前の記事一覧