名言集1996

私たちに与えられた光は、
ただじっとそれを見つめているためではなく、
  

まだ私たちから匿(かく)されている、
遠い先のものを開けて見るために、
与えられているのだ。
  

(ジョン・ミルトン)

| | コメント (1)

名言集1995

一度でも愛する人の顔に幸福が輝くのを知ると、
人は、一人の人間にとって、
自分の周囲の人々の顔に
このような光をかきたてること以外には、
別の使命感を抱くことが出来なくなる事を知る。
  

…そして、生きるというただそれだけの事実から、
我々が行き交う人々の心に投げかける
不幸と夜の闇を思うと、
胸の引き裂かれる思いに駆られるのだ。
  

(アルベール・カミュ)

| | コメント (1)

名言集1994

わたしたちは、
氷砂糖をほしいくらいもたないでも、
きれいにすきとおった風をたべ、
桃いろのうつくしい朝の日光をのむことができます。
  

またわたくしは、はたけや森の中で、
ひどいぼろぼろのきものが、
いちばんすばらしいびろうどや羅紗や、
宝石いりのきものに、かわっているのを
たびたび見ました。
  

わたくしは、そういう
きれいなたべものやきものをすきです。
  

(宮沢賢治『注文の多い料理店』序)

| | コメント (1)

メルマガ、ブログ15周年に寄せて

2005年から始めたメルマガとブログ
お陰様で15周年を迎えました。
  
最近は月日が経つのを早く感じます。
「10周年から、もう5年たったのか」と。
  
ここ数年、改めて成人発達理論や
能力開発についての研究を深めていますが、
「自分自身はどうだろう」と。
 
身体能力は確実に衰えてきています。
少年野球の指導をしていて、毎回感じます…
すぐに疲れるし、疲れの取れも悪い…
そもそも腕肩脚腰が思い通りに動かない…
飲酒や食への欲も少しずつ減退しています。
  
散髪に行けば、白髪が増えているのに気づき、
“チャーリーのチョコレート工場”の映画を想い出します。
 
知覚機能や判断機能は
この15年で少しずつ、
少しずつ変化してきている。
最近そう想うのです。
 
今、自分が課題とし始めていること
・四無量心
・木鶏
 
そんな言葉
そんな生き方を
自分の真我が求めている
 
そう感じる今日この頃です。
 

 

| | コメント (0)

名言集1993

いったい俺は何者だろう?
幸福を求める人間だ。
  

俺はそれを地上の諸々の
欲望のうちに求めて見出しえなかった。
  

俺と同じような生き方に終始している人間は、
みんな発見しえないのだ。
  

(レフ・トルストイ『光あるうち光の中を歩め』)

| | コメント (1)

名言集1992

お前の光は、
今、何処にある。
  

(ウィリアム・シェイクスピア「リア王」)

| | コメント (1)

名言集1991

世の中は、君の考えているよりは、
ずっと光に満ちたものだ。
  

(ギルバート・キース・チェスタトン)

| | コメント (1)

名言集1990

影ではなく、光明へと目を向けましょう。
  

いつも真理に目を向けていれば、
あなたの心に不安や心配はありません。
  

(ヘレン・ケラー)

| | コメント (1)

名言集1989

すべての音が消えたとき、
自己を超えた者の声が聞こえるだろう。
  

(フィンセント・ファン・ゴッホ
 「弟テオへの手紙」)

| | コメント (1)

名言集1988

競争すること自体に気を取られてしまう結果、
我々は世界で重要な、超越的な、
あるいは本当に意味のあるものを見失ってしまう。
  

(ピーター・ティール)

| | コメント (1)

«名言集1987