名言集1519

人格とは、高いものと低いものが
一つになったものである。
  

人格には無限なものとまったく有限なもの、
一定のはっきりとしたけじめと、
けじめのまったくなさとが統一されている。
  

人格の高さというのは、
この矛盾を持ちこたえることである
  

(ヘーゲル「法の哲学」) 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

名言集1518

あらゆる宗教の本体は、
何のために私は生きるか、
自己をとりまく無限無窮の世界に対する
私の関係はどのようなものであるか、
という疑問に対する解答の中にのみ存する。
  

(トルストイ) 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

名言集1517

個性を理解しようと欲する者は
無限のこころを知らねばならぬ。
  

無限のこころを知らうと思ふ者は
愛のこころを知らねばならない。
  

(三木清「人生論ノート」個性について) 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

名言集1516

われわれはいつも小なる自我にとらわれて、
無限、無辺際の大生命が
己の心に宿っているのに気づいていない。
  

(梅原猛) 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

名言集1515

無限がわれわれを包容しているように、
われわれも無限を包容している。
  

無限の息吹は、われわれの呼吸であり、
その目的はわれわれの目的でもある。
  

人間は自らのうちに無限の存在の全神秘を担っており、
あらゆる点でそこに関与している。
  

(モーリス・メーテルリンク『死後の存続』) 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

名言集1514

自分の命のわずかな持続が、
前後の永遠の間に挟まれていることを考えるとき、
  

また自分がそこにいて見てもいるわずかな空間が、
私が知らず私に縁のない無限の空間の中に
沈みこんでいくことを考えるとき、
  

わたしは恐れとおののきを感じ、
自分が何故かしこにではなく、
ここにいるのかと自問するのだ。
  

わたしをここにおいたのは誰なのか?
誰の命令、誰の指図によって、
この場所とこの時間がわたしに割り当てられたのか?
  

(パスカル「パンセ」) 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

名言集1513

人間はどうして有限のものばかりを、
追いかけてしまうのだろうか。
  

もっと無限のものの
追求の喜びを知るべきだ。
  

(アーノルド・J・トインビー) 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

名言集1512

無限な精神をもつ有限なるわれわれは、
ただ苦悩と歓喜とのために生まれた。
  

そして、ほとんどこう言うことができるでしょう、
  

最もすぐれた人々は、
苦悩を通じて歓喜をかちうるのだ、と。
  

(ベートーヴェン)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

名言集1511

無限の可能性をはらんだ未来の観念が、
未来そのものよりも豊饒なのであって、
  

所有よりも希望に、
現実よりも夢に、
いっそう多くの魅力が見出されるのは、
そのためである。

  
(アンリ・ベルクソン) 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

名言集1510

人間の職務は
地上の生命と共に消えて了(しま)う
歓楽に酔(え)う事よりも、
もっと高尚で且つ永久のものがある。
  

(永井荷風「あめりか物語」) 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

«名言集1509